忍者ブログ

誰か僕を拾ってください

国産和牛が、競馬の予想と考察を書き続け勉強していくブログです。競馬が大好きです。重賞は、データと調教判断で予想しています。誰か僕を拾ってください。

競馬ブログ村 トラコミュ

当ブログの説明書

競馬を楽しむためのリンク

[PR]

2017年10月20日(Fri)21時14分、投稿。記事。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第54回産経大阪杯。調教と血統編

2010年04月01日(Thu)20時35分、投稿。【競馬】重賞考察記事。

「データで消すという事は、馬券になりにくい馬に本命を打たないため」という解釈です。
にほんブログ村 トラコミュ 第54回 産経大阪杯(GII)へ第54回 産経大阪杯(GII)
第54回産経大阪杯。データと傾向編で、考えていますが、もう少し掘り下げたいと思います。
2010年度、第54回産経大阪杯。調教と血統編です。
阪神芝2000mを、考えていきたいと思います。特別登録馬は15頭。フルゲートは16頭。
エアシャトゥーシュ
サンライズベガ
シェーンヴァルト
ドリームジャーニー
ベストメンバー
以上の5頭に注目というのが前回までの考察でした。*ベストメンバーが回避との事なので、4頭から考えていきたいと思います。
血統と追い切り(調教)から考える。血統は、JRAのHPに記載されてるのを。
エアシャトゥーシュ(父カリズマティック×母父トニービン)
82.0-65.0-50.5-37.2-11.5(栗東DP)G前だけ追っているとの事。阪神での成績がイマイチよくない。小回りでの成績の方がいいのか?というところ。追い切りの不満はないので、面白そうな一頭。

サンライズベガ(父アドマイヤベガ×母父Theatrical)
78.0-63.3-49.7-36.9-12.1(栗東DP)叩き二戦目。父の産駒がこのコースを得意とはしていない可能性があると言う事を書き残しておきたい。二馬身遅れはしたが、特に追いきりには不満はないので、相手には面白い存在程度。

シェーンヴァルト
(父ジャングルポケット×母父エリシオ)
55.0-40.1-26.1-13.0(栗東坂路)非常に遅いタイム。終いはいいのだが、それでも遅いと感じる。中間に不安があるのか、テンションをあげさせないためなのか。難しいところ。2000mで折り合いは?昔よりかは、マシだとは思うのだが。

ドリームジャーニー(父ステイゴールド×母父メジロマックイーン)
67.6-53.3-39.0-12.2(栗東CW)特に書くことはないかなと。阪神の内回りでのこういうコースが得意と見えますし、格が違うと感じています。調教の量などに不満がなければ。というところでしょうか。

以下の馬に期待したいと思います。
ドリームジャーニー
ということで。他に面白い馬がいれば、いいなと考えていたのですが、そういうわけにもいかないのかなぁ。と。ありがとうございました。
にほんブログ村 トラコミュ 第54回 産経大阪杯(GII)へ第54回 産経大阪杯(GII)
PR
第42回ダービー卿チャレンジトロフィー。データと傾向編

2010年03月31日(Wed)19時00分、投稿。【競馬】重賞考察記事。

「データで消すという事は、馬券になりにくい馬に本命を打たないため」という解釈です。JRAより、データや傾向から、本命にできなさそうな馬(馬券圏外と考える馬)を除外していきたいと思います。
にほんブログ村 トラコミュ 第42回 ダービー卿チャレンジT(GIII)へ第42回 ダービー卿チャレンジT(GIII)
2010年度、第42回ダービー卿チャレンジトロフィー。データと傾向編です。
中山芝1600mハンデ戦を、考えていきたいと思います。特別登録馬は48頭。フルゲートは16頭。
アップドラフト55.0
アンノルーチェ54.0
アーバンストリート55.0
ゲイルスパーキー56.0
サニーサンデー54.0
ショウワモダン56.0
セイクリッドバレー56.0
タケミカヅチ57.0
ティアップハーレー53.0
ドモナラズ53.0
トライアンフマーチ57.0
フィフスペトル57.0
マイネルスケルツィ56.0
マイネルファルケ57.0
ヤマニンエマイユ53.0
リザーブカード56.0
以上の賞金順16頭の出馬できそうな上位陣と以下の繰り上げ順番の二頭。
サンクスノート52.0
マルタカエンペラー53.0
以上の18頭から考えていきたいと思います。
データや傾向
JRAより、データ的傾向から、本命にできなさそうな馬(馬券圏外と考える馬)を除外していきたいと思います。
こちらも、コースが替わるはずですので、そこには注意が必要かなと思っています。
年齢別成績(過去8年)
>7歳[0-0-3-14]
>8歳以上[0-0-1-6]
それぞれ上記のような成績。高齢馬はあっても三着という考えがデータ的に見えますし、本命にはしにくいかなと個人的には思います。
アップドラフトマイネルスケルツィヤマニンエマイユリザーブカードが該当。
他に、JRAから取れるようなデータもないので、個人的に嫌っていきたい馬を書き残しておきたいと思います。
サンクスノートティアップハーレーは、距離延長組み。成績がない点からも軽視したい。
アーバンストリートドモナラズは、近走人気がない。そして負けている点からも個人的にはあっても三着という考えですので、軽視したいです。
嫌える馬は以上かなと個人的には思います。
アンノルーチェ54.0
ゲイルスパーキー56.0
サニーサンデー54.0
ショウワモダン56.0
セイクリッドバレー56.0
タケミカヅチ57.0
トライアンフマーチ57.0
フィフスペトル57.0
マイネルファルケ57.0
マルタカエンペラー53.0
以上の10頭から本命を考えていきたいと思います。次回は、調教や血統面から評価すべき馬を考えたいと思います。ありがとうございました。
にほんブログ村 トラコミュ 第42回 ダービー卿チャレンジT(GIII)へ第42回 ダービー卿チャレンジT(GIII)
第54回産経大阪杯。データと傾向編

2010年03月30日(Tue)18時00分、投稿。【競馬】重賞考察記事。

「データで消すという事は、馬券になりにくい馬に本命を打たないため」という解釈です。JRAより、データや傾向から、本命にできなさそうな馬(馬券圏外と考える馬)を除外していきたいと思います。
にほんブログ村 トラコミュ 第54回 産経大阪杯(GII)へ第54回 産経大阪杯(GII)
2010年度、第54回産経大阪杯。データと傾向編です。
阪神芝2000mを、考えていきたいと思います。特別登録馬は15頭。フルゲートは16頭。
ウエスタンヒート
エアシャトゥーシュ
ゴールデンダリア
サクラオリオン
サンライズベガ
シェーンヴァルト
ショウナンライジン
タスカータソルテ
テイエムアンコール
デストラメンテ
ドリームジャーニー
フィールドベアー
ベストメンバー
ホッコーパドゥシャ
ヤマニンキングリー
以上の特別登録馬は15頭。
データや傾向
JRAより、データ的傾向から、本命にできなさそうな馬(馬券圏外と考える馬)を除外していきたいと思います。
たしか、コースが変わるので、傾向には気をつけるのがいいのかな。と、個人的には思います。
当日の単勝人気順
単勝人気別成績(過去11年)
>10番人気以下[0-0-0-37]という成績。
この数字からもわかるように、穴があきやすいというレースではなく、比較的堅い方向にいくレース=格などが問われる。という事か。
前走の成績。
サンプル数としては少ないのだが、前走は、重賞、もしくは、オープンが勝っているという点。
ウエスタンヒートショウナンライジンは、前走1600万下勝ちからの昇級戦。本命には打てないと考えておきたい。
JRAから、他にとれるデータもないと思いますので、個人的に本命にできなさそうな馬は除外していきたいと思います。
フィールドベアーは、前走ダート戦で大敗。こういう馬から入る事は魅力があるという事なのかもしれないが、個人的には軽視したい。
ゴールデンダリアデストラメンテは、調子を落としている気がするので、軽視したい。
サクラオリオンテイエムアンコールタスカータソルテホッコーパドゥシャヤマニンキングリーは、個人的にはあっても三着とみたい。
エアシャトゥーシュ
サンライズベガ
シェーンヴァルト
ドリームジャーニー
ベストメンバー
以上の5頭に注目しておきたい。次回は、調教や血統面から評価すべき馬を考えたいと思います。ありがとうございました。
にほんブログ村 トラコミュ 第54回 産経大阪杯(GII)へ第54回 産経大阪杯(GII)
いまごろ土日重賞回顧

2010年03月29日(Mon)12時12分、投稿。【競馬】いまごろ土日重賞回顧記事。

5頭選んで、人気馬で切れそうなのがいたら切る。という努力目標(笑)で重賞予想しています。三連複、三連単へのチャレンジは勉強を重ねつつしていくつもりです。
今回も、簡単に回顧したいと思います(苦笑)
土曜日。
2010年度、第57回毎日杯の予想。阪神芝1800m外回り11頭によるレース。予想は、以下。
第57回毎日杯の予想◎2ルーラーシップ
にほんブログ村 トラコミュ 第57回 毎日杯(GIII)へ第57回 毎日杯(GIII)
>◎2ルーラーシップ(1番人気5着)
>○4ダノンシャンティ(3番人気1着)
>▲9リルダヴァル(2番人気3着)
>△6ミッションモード(6番人気7着)
>△1ザタイキ(4番人気競争中止)
的中ならず。美味いフォーメーションで賭けたので、個人的な馬券は良かったのですが。
◎2ルーラーシップ(5着)
今後は、ダービーに向けて調整されるようです。まず、いきなりの大きな出遅れ。最初の200mから、13.1~11.4~12.1というラップ。出遅れてついていった分、脚がなかったのかなぁ。とも思いますが、道中は、かなりのスローなのですよね。それで33.8ですから、仕方ないのかなと私は思います。
○4ダノンシャンティ(1着)
上がり勝負になった時は、前走で証明していたので、この結果には驚かず。ということで。馬券的にも、◎か○が上と見ていたので、自分としては正解かなと。
▲9リルダヴァル(3着)
追ってから、フラフラだったそうで。パトロールビデオでも見ればいいと思います。次を見てから。
△6ミッションモード(7着)
まず、マイナス24キロ。初遠征がダメだったのか、短期放牧がダメだったのか。とりあえず、次を見ないとなんとも言えませんが、体は細く見えましたし、可哀想な感じが個人的にはしました。
総括。
こんなもんじゃねぇよ!っていう馬がいるということで(苦笑)残念な結果になってしまった馬や騎手がいます。一日も早い復帰を。

2010年度、第58回日経賞の予想。中山芝2500m15頭によるレース。予想は、以下。
第58回日経賞の予想◎4ネヴァブション
にほんブログ村 トラコミュ 第58回 日経賞(GII)へ第58回 日経賞(GII)
>◎4ネヴァブション(2番人気4着)
>○13トーセンクラウン(7番人気3着)
>▲1トリビュートソング(5番人気5着)
>△15ロジユニヴァース(1番人気6着同着)
>△6マイネルキッツ(6番人気1着)
的中ならず。こちらも、馬券への考えの時に◎~▲が馬券圏内。と書いていて、個人的な馬券は満足するものでしたが。最大の謎なのですが、地方で好きな騎手である戸崎騎手が、なぜに二日間乗っているのだ?と思ったことです(苦笑)
△6マイネルキッツ(1着)
調子と展開がマッチしました。とのことだそうで。最後ごちゃついたのは、この馬が内ラチから強襲したからなのでしょうか?
○13トーセンクラウン(3着)
「前にカベを作りたかったのですが、内に入れることができませんでした。距離は問題ありません」とのこと。前走勝利していましたが、それでも馬券的に見ても血統的にみても魅力的に見えたので、個人的には走ってくれて嬉しかったです。次はどこに向かうのでしょうか。
◎4ネヴァブション(4着)
両隣から当てられ、スピードが落ちたとの事なので、仕方ないです。
△15ロジユニヴァース(6着同着)
プラス24キロ。成長分とも捉える事もできますが、個人的にその数字を抜きにしても、若干太く見えました。また、休養とか間を空ける可能性もあるので、なんともいえませんが。
総括。
天皇賞春が面白くなったのでは?ということが言えるのではないのでしょうか。

日曜日。
2010年度、第17回マーチステークスの予想。中山ダート1800mハンデ戦16頭によるレースです。予想は、以下。
第17回マーチステークスの予想◎12マコトスパルビエロ
にほんブログ村 トラコミュ 第17回 マーチステークス(GIII)へ第17回 マーチステークス(GIII)
>◎12マコトスパルビエロ(4番人気1着)
>○16モンテクリスエス(1番人気4着)
>▲1シビルウォー(3番人気3着)
>△4クリールパッション(5番人気6着)
>△8フサイチピージェイ(2番人気8着)
◎の単勝の的中。630円でした。◎か○の馬券圏内を期待していましたので、正解だったかなと。二着馬がデータで消えてない馬で、ブログで強調して拾えなかったのが失敗だったかなと。
◎12マコトスパルビエロ(1着)
「抜け出す脚もしっかり、後ろから来る音も聞こえませんでした」とのこと。後藤騎手め…(笑)
△8フサイチピージェイ(8着)
「出遅れがすべて。」ということで。
総括。
他の馬で特に振り返る所がないような気がします。○16モンテクリスエス(4着)あたりは、最速の上がりを使っていますが、中央競馬のダートだと、こういう競馬をしちゃうと厳しいのかもしれません。

2010年度、第40回高松宮記念の予想。中京芝1200m18頭によるレースです。
第40回高松宮記念の予想◎3アルティマトゥーレ
にほんブログ村 トラコミュ 第40回 高松宮記念(GI)へ第40回 高松宮記念(GI)
>◎3アルティマトゥーレ(2番人気5着)
>○6キンシャサノキセキ(1番人気1着)
>▲16エーシンフォワード(3番人気3着)
>△15プレミアムボックス(5番人気13着)
>△4ショウナンカザン(9番人気16着)
的中ならず。個人的な馬券の考えとして、◎か○の勝利。ということでしたので、正解でした。もう一つの正解は、馬場が外伸び。という事ではなくて、内でも馬場を気にせずに走れる馬。ということだったのかなと。
◎3アルティマトゥーレ(5着)
「スタートを出てすぐに大きく躓きました。あの不利がありながら、よく来ましたね」これがすべてです。
他に振り返るところはありません。皆見ていたことだと思いますし、別条件になれば、また狙える馬もでてきますでしょうから。

土曜日、日曜日を終えての総括。
馬券的に考えが正解したレースが多く、とても楽しい週末でした。とは言うものの、ブログで正解を引けてないのが失敗かなとも思います。今後も、勉強と考えをしっかりと固めていきたいです。
月別の成績を振り返っていないので、そのうちやりたいと思います。トラックバックが全くできていないのも問題なので、そちらもさぼらないようにしたいです。ありがとうございました。
◎が的中したので、【血統フェスティバル】blogさんの記事にブログ名が出てました。
ありがとうございます。
【血統フェスティバル】blogさんの記事は以下。
高松宮記念(◎キンシャサノキセキ1着^^)・マーチS・日経賞・毎日杯(◎→○→▲決着^^)
第40回高松宮記念の予想◎3アルティマトゥーレ

2010年03月27日(Sat)18時30分、投稿。【競馬】重賞予想記事。

「データで消すという事は、馬券になりにくい馬に本命を打たないため」という解釈です。
5頭選んで、人気馬で切れそうなのがいたら切る。という努力目標(笑)で重賞予想しています。三連複、三連単へのチャレンジは勉強を重ねつつしていくつもりです。
にほんブログ村 トラコミュ 第40回 高松宮記念(GI)へ第40回 高松宮記念(GI)
それぞれ、以下で考察をしております。
第40回高松宮記念。データと傾向編
第40回高松宮記念。調教と血統編
2010年度、第40回高松宮記念の予想。中京芝1200m18頭によるレースです。
春のG1シリーズの始まりを告げるスプリント戦。このレースが引退となる馬や、絶好調の馬。そして、改修前最期の中京競馬場。どの馬が勝つのか。電撃の6ハロン戦。天気はギリギリもちそうか。
個人的には、内がまったくダメ。ということはないと感じるのだが。問題は、芝が6Rあり、G1がそのレースの最後ということ。荒れに荒れて外差しが決まるようなら、諦める。
本命は◎3アルティマトゥーレ
引退馬。中京も最後で、この馬のレースも最後。最後×最後で。なんて冗談です(笑)逃げ馬からの二番手で回るとすれば外になるはずで、そうなれば内枠だから圏外にとんだ。と、ならないと思いましたので。
対抗は○6キンシャサノキセキ
勝つ競馬をするなら、◎に打った馬を、内枠に封じ込めつつ先行する事なのだと思います。その可能性を考えれば、対抗。
黒三角は▲16エーシンフォワード
短い可能性があるのだが。息を入れられる所があるとも思わないので、押し切るだけの力で突っ走るか、一瞬緩めば、そこでということかなと。ただ、調教が走っているので評価すべきと見て、この印。
白三角一番手は△15プレミアムボックス
データ的にないように見えても、この人気でも、相手には入れておきたい一頭。10倍以上の馬で外枠なら、データ的にもありえる形だと思いましたので。
白三角二番手は△4ショウナンカザン
雨の馬場がダメなだけで、ひょっとすると荒れた馬場だけならまだ走れるかな?とも思ったので。思い切った騎乗をしてもらいたいのだが、騎手をみたら…。
◎3アルティマトゥーレ
○6キンシャサノキセキ
▲16エーシンフォワード
△15プレミアムボックス
△4ショウナンカザン
馬券への考え方ですが、◎か○の勝利に期待したいと思います。後は当日というか今もいるので、見て判断して馬券を買いたいです。良い日曜日を。そして、素敵なG1になるように願って終わりたいと思います。
にほんブログ村 トラコミュ 第40回 高松宮記念(GI)へ第40回 高松宮記念(GI)
前のページ 次のページ
プロフィール
HN:国産和牛
年齢:31
性別:男性
生息地:東京競馬場に近い東京都民
職業:馬券で生きているかも
趣味:馬を見てレースを見て楽しむ事
自己紹介:
誰かに拾われる(雇われるとか広い意味で)事を夢見てblogを始めました。半分冗談ですが(笑)競馬などの勉強のログです。
いきなり利益をうめる存在ではないので、給料無しで構いません。勉強もします。やる気だけは満々です。
TBしすぎて、ごめんなさい。TBして頂いた方は無条件でLinkに登録されます(笑)
何事にも全力で釣られながら牛として、生きています。
リンク
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
ブログ内検索
カウンター
地道に頑張ります。
忍者ブログ [PR]