忍者ブログ

誰か僕を拾ってください

国産和牛が、競馬の予想と考察を書き続け勉強していくブログです。競馬が大好きです。重賞は、データと調教判断で予想しています。誰か僕を拾ってください。

競馬ブログ村 トラコミュ

当ブログの説明書

競馬を楽しむためのリンク

[PR]

2017年09月21日(Thu)01時31分、投稿。記事。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【競馬】第57回日経新春杯を、考える。パート2

2010年01月16日(Sat)12時07分、投稿。【競馬】重賞考察記事。

「データで消すという事は、馬券になりにくい馬に本命を打たないため」という解釈です。
【競馬】第57回日経新春杯を、考える。で、考えていますが、もう少し掘り下げたいと思います。
10ゴールデンメイン54.0
4サンライズマックス57.5
3テイエムプリキュア54.0
8トップカミング55.0
5ドリームフライト50.0
7ベストメンバー56.0
12メイショウベルーガ54.0
以上の7頭を馬券圏内と考えている。という所が、前回までの考察でした。追い切りと血統を含めて考えていきたいと思います。

10ゴールデンメイン(父ラムタラ×母父トウシヨウボーイ)
87.7-71.8-56.6-41.8-12.1(栗東CW。G前追う。単走)血統的にも、ステイヤーという判断。前走は、超スローペースの二着。問題は京都の2400mとペースが合うかどうか。54.0キロというのも見込まれたという印象。先週に一杯追っているとの事なので、状態は良さそう。

4サンライズマックス(父ステイゴールド×母父ダンシングブレーヴ)
79.0-64.6-50.7-37.9-12.8(栗東CW一杯単走)内目を通ったものですが、どうやら一番時計らしいです。平坦向きの馬であると思っています。一週前にも、6F81.8-38.3-11.9秒で1馬身半の先着。ただ、57.5キロは、見込まれた感があります。直線が短い方がいい馬だとも思うので、人気的なことも考え、今回はどうかなと疑っています。

3テイエムプリキュア(父パラダイスクリーク×母父ステートリードン)
52.1-37.7-25.1-12.8(栗東坂路馬なり単走)一昨年は50キロで3着、昨年は49キロで1着。今年は54キロで何着か。ハイラップを刻む同型がいない事が好走の条件のように思える。騎乗する熊沢騎手とのコンビでは一度も逃げてないのでは?と思うので、アテにしにくいと考える。坂路の馬場差を無視すれば、有馬記念時よりも調教時計は出ていることになるので、順調と捉えたいです。

8トップカミング(父ゴールドアリュール×母父サクラバクシンオー)
53.7-39.7-26.1-13.1(栗東坂路馬なり単走)血統的に、母父サクラバクシンオーで、え?走るの?という感じですが。中団前めで脚をためてという事になるのでしょう。長く良い脚が使えるかどうかにかかってくるか、一瞬の脚で位置取りの差で勝つかになるのかなと思いますが。調教はかなり良さそうです。

5ドリームフライト(父フサイチソニック×母父リアルシヤダイ)
52.3-38.4-11.7(栗東DP一杯単走)中一週での出走なので、軽めの調教。思い切ってやってきたら入れようかなと思っていましたが、正直この調教ではわかりません。これなら、先行する同型の3テイエムプリキュアの方を評価すべきかなと思います。

7ベストメンバー(父マンハッタンカフェ×母父サクラユタカオー)
52.2-37.6-24.7-12.4(栗東坂路G前追う単走)11月上旬に帰厩。1週前にCWコースで6F79秒1-1F12秒1という一番時計らしい。CWを一周してから、坂路だそうです。重賞勝利はありますが、相手関係がどうでるかだと思います。骨折での休養明けについては、十分乗り込まれていることを考えれば、そこまで問題ではないと感じる。

12メイショウベルーガ(父フレンチデピュティ×母父Sadler'sWells)
53.2-38.9-25.1-12.4(栗東坂路一杯単走)使い詰めのようにも感じるが、次走はここかAJCCと言っていたぐらいなので、予定通りなのだと思う。コースとの併用での時計。一杯というわりには、遅いように感じる。エリザベス女王杯の時は、道悪だったが、4F51秒9、ラスト1F13秒3。それを考えると、普通なのかも。血統的に、どうかなと思うのですが、長い直線での終いの脚は確実にある。

という事で、ぐだぐだと、いろいろと書いたのですが、5ドリームフライトが軽めの調教で評価を下げるという事意外は、甲乙つけにくいなぁ。といった印象。
たしか、ぼーっと見ていたのですが、傾向としては、過去10年上がり1位だった馬が、必ず連対しているはず。となると、このメンバーの中から、上がり1位になりそうな馬を探すのがベターなのかなと思います。今回のレースのポイントは。
・調教、血統、うんぬんは、そこまで意味を持たない可能性がある。
・軽ハンデの馬で狙いをたてるなら、逃げ、先行か。良し悪しは調教で判断した。
・上がりが速い馬から買うということが馬券に近づく可能性があるということ。
・馬連の配当があれ気味だが、今年はメンバーが手薄のように感じるので、堅い可能性も考える。
という以上の事を考え、後は自分の評価と、適当な勘で(笑)予想していきたいと思います。ありがとうございました。
PR

【競馬】京成杯◎13エイシンフラッシュ HOME 【競馬】第50回京成杯を、考える。パート2
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:国産和牛
年齢:31
性別:男性
生息地:東京競馬場に近い東京都民
職業:馬券で生きているかも
趣味:馬を見てレースを見て楽しむ事
自己紹介:
誰かに拾われる(雇われるとか広い意味で)事を夢見てblogを始めました。半分冗談ですが(笑)競馬などの勉強のログです。
いきなり利益をうめる存在ではないので、給料無しで構いません。勉強もします。やる気だけは満々です。
TBしすぎて、ごめんなさい。TBして頂いた方は無条件でLinkに登録されます(笑)
何事にも全力で釣られながら牛として、生きています。
リンク
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索
カウンター
地道に頑張ります。
忍者ブログ [PR]