忍者ブログ

誰か僕を拾ってください

国産和牛が、競馬の予想と考察を書き続け勉強していくブログです。競馬が大好きです。重賞は、データと調教判断で予想しています。誰か僕を拾ってください。

競馬ブログ村 トラコミュ

当ブログの説明書

競馬を楽しむためのリンク

[PR]

2017年12月12日(Tue)03時45分、投稿。記事。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【競馬】いまごろ日月重賞回顧

2010年01月12日(Tue)11時00分、投稿。【競馬】いまごろ土日重賞回顧記事。

・5頭選んで、人気馬で切れそうなのがいたら切る。という努力目標(笑)で重賞予想しています。
日曜日。
シンザン記念。予想は以下。
【競馬】シンザン記念◎6メイショウカンパク
>◎6メイショウカンパク(3番人気6.3倍13着)
>○14タガノパルムドール(7番人気16.8倍12着)
>▲8レト(8番人気18倍9着)
>△2ピサノユリシーズ(1番人気3.3倍11着)
>△9キョウエイアシュラ(2番人気5.5倍10着)
完全に読みが、おそらく考えていたことが180度違ったのだと思います。勉強していってテストで間違えるということは、反省しなければならない点です。それは、データとして馬券を嫌った馬達は、少なくとも、連対はしていない。だけど、本命・連対を考えるという部分で自分が失敗したということからです。
>勝ちタイムは、1分34秒3(良)は2006年のコンゴウキリシマのタイムをコンマ1秒更新するレースレコード。
この点からも、自分が考えていたレースではなかった事が、わかります。44回のシンザン記念の歴史の中で、美浦の馬が勝利したのも初めてだそうで。正直反省しようと考えているのですが、どうしたら馬券を取れたのか思いつかないので、困りますね。一つあるとすれば、1着馬は、G1最先着馬。2着馬はレベルが低いと考えられたがOP勝ち。格のレース?ということですかね。
勝ち馬を含めて、今後どうなるか次第で、わかることだとは思いますが。特にコメントから拾える回顧はないと思います。

月曜日。
フェアリーステークス。予想は以下。
【競馬】フェアリーステークス◎13アプリコットフィズ
>◎13アプリコットフィズ(2番人気3.2倍2着)
>○2メジロオードリー(3番人気6.4倍4着)
>▲5ディアアレトゥーサ(8番人気27.7倍8着)
>△10ボンジュールメロン(10番人気65.3倍9着)
>△16テイラーバートン(1番人気2.9倍3着)
こちらは、完全に自分の失敗で後悔しています。乗り代わりまでは、予想することは不可能でしたので、後悔というよりかは、現場という競馬場にいなかった自分を呪いたいです。ただ、中山の芝1600mの狙い方としては、定まってきたと自分では思っています。それにプラスして、データを重ねれば、馬券に近づけるのだなと。
勝った*9コスモネモシンは、自分でも書いたように>調教の量だけなら、*9コスモネモシンでも良かったのかなとは思っていますが。ということを書いているように、調教の量で評価すべきだったなと。
それにプラスして、内枠から拾うべき馬は、馬群を捌ける馬か、逃げ・先行の脚質を持った馬ということ。妄想力(笑)をいかして、今回そういう競馬をしそうな馬。
外枠から評価するなら、時計が早い馬か、先行できるだけの脚を持つ馬。ということかなと。考えが少しずつまとまっていれば、とりあえず、楽しめるだろうとは思います(苦笑)
印5頭で馬券を表現をするのは、なかなか難しいですね。次週も頑張りたいと思います。
PR

【競馬】第50回京成杯を、考える HOME 【競馬】フェアリーステークス◎13アプリコットフィズ
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
【フェアリーS】中山芝・外1600m1〜5着馬の血統は左の表のようになっております。 第26回 フェアリーステークス(GIII) 【フェアリーS】の予想はこちらでした。 いや〜展開を読むって難しいですね^^; このパターンはなかったなぁ・・・。 後続はついて行....
【血統フェスティバル】blog2010/01/12(Tue)11:43:34
12.5-11.1-11.5-12.2-12.1-12.1-11.4-11.4(JRA) シャインの絶妙な逃げ。4コーナー入り口の瞬間に急加速でペースを上げてあとはどのくらいの余力でゴール前粘りこむか。という和田騎手の京都外回りにおいてのテクの真骨頂でもある。 それでもゴール前ではシャインの3馬身先にはガルボがいた。3馬身差である。決定的な着差。 G?以外の重賞レース、特に3歳限定戦は回顧とか何かを振り返るということではなく、振り返った瞬間に皐月賞であれ桜花賞であれダービーであれ、もうすでに春に待ち...
ひとときの駿感.blog2010/01/12(Tue)12:06:22
フェアリーS 予想 1着△コスモネモシン 2着◎アプリコットフィズ 3着▲テイラーバートン 4着〇メジロオードリー 5着−トーセンフリージア 7着△セントアンズ 9着△ボンジュールメロン11着△ミエノグレース4Rの大落馬から波乱ムードが漂っていた本日の中....
ニュータイプ的競馬2010/01/12(Tue)12:35:28
シンザン記念とフェアリーSのレース回顧。まずはシンザン記念。前に行った馬が楽を出来るようなペースになってしまったため、後ろから行く馬たちはまるで出番なし。私の本命馬タガノ...
My Sweet KEIBA2010/01/12(Tue)12:52:36
1月9〜11日の3連休は、中央競馬は3日連続開催。日曜日は京都競馬場で明け3歳最初の重賞・シンザン記念、月曜日は中山競馬場で3歳牝馬のマイル重賞・フェアリーステークスが行われました。そして中山では最悪の大惨事ともいえる落馬事件が発生してしまいました…。 10日の京都メイン・第44回日刊スポーツ賞シンザン記念(G?)は、フルゲート16頭で争われ、単勝の上位人気は?ピサノユリシーズが1番人気、2番人気は?キョウエイアシュラ、3番人気?メイショウカンパク、4番人気以降は?ガルボ、?エーシンホワイティ、...
日刊魔胃蹴2010/01/12(Tue)14:01:05
フェアリーS(◎メジロオードリー 外れ) テイラーバートンとアプリコットフィズが人気を分け合う形の今年のフェアリーS。 カホマック...
新・たこの感想文2010/01/12(Tue)14:50:34
予想は6戦2勝は先ず先ずかな・・
浪花のクマさん 穴馬券2010/01/12(Tue)15:17:12
シンザン記念。 1着  ガルポ 2着  シャイン 3着 ★セレスロンディー 13着 ◎メイショウカンパク 1.34.3(47.3-47.0) 12.5-11.1-11.5-12.2-12.1-12.1-11.4-11.4 4F目から12秒台が3F続くスローペースに加え、4コーナーで後続が詰められない展開。逃げたシャイン、2番....
競馬無双242010/01/12(Tue)19:55:23
月曜の中山4Rでは史上最多となる1レースで9頭の落馬事故。 パトロールを見ましたが、4角を回る際、少し外に膨らんだ所に後続の馬が突っ込ん...
CW馬なりにて歩む2010/01/12(Tue)21:50:54
土曜日→競馬に一切触れず西宮神社の宵えびすに、明日は競馬三昧だ。 日曜日→そこで風邪をもらったのか子供が熱を出してシンザン記念観戦を自重。 月曜日→嫁お出かけ。グリーンCHタダ見OK?子が昼寝してる隙に馬に熱。
ミシエロの3年前は忘れた2010/01/12(Tue)22:56:54
落馬すごかったですね。 1月9日 中山9R寒竹賞 コスモヘレノス 5番人気1着 1月10日 中山10R頌春賞 リアルハヤテ 5番人気4着 京都11Rシンザン記念 セレスロンディー 10人気3着 1月11日 中山10R迎春ステークス スノークラッシャー 5人気4着 中山11Rフェアリーステーク....
もーどーでもいいや 〜けいば〜2010/01/12(Tue)23:59:43
京都11R シンザン記念(G3)中山11R フェアリーS(G3)共にはずれ!他マイナー予想は京都9R北大路特別馬単9270円的中!○レジェンドブルー◎カノヤトップレディで決まりました・・・今年初の記念すべき、まともな当たりでした。まだまだ精度は低いですが少しづつ良くしてい...
今週のターゲット2010/01/13(Wed)01:55:27
プロフィール
HN:国産和牛
年齢:31
性別:男性
生息地:東京競馬場に近い東京都民
職業:馬券で生きているかも
趣味:馬を見てレースを見て楽しむ事
自己紹介:
誰かに拾われる(雇われるとか広い意味で)事を夢見てblogを始めました。半分冗談ですが(笑)競馬などの勉強のログです。
いきなり利益をうめる存在ではないので、給料無しで構いません。勉強もします。やる気だけは満々です。
TBしすぎて、ごめんなさい。TBして頂いた方は無条件でLinkに登録されます(笑)
何事にも全力で釣られながら牛として、生きています。
リンク
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
ブログ内検索
カウンター
地道に頑張ります。
忍者ブログ [PR]