忍者ブログ

誰か僕を拾ってください

国産和牛が、競馬の予想と考察を書き続け勉強していくブログです。競馬が大好きです。重賞は、データと調教判断で予想しています。誰か僕を拾ってください。

競馬ブログ村 トラコミュ

当ブログの説明書

競馬を楽しむためのリンク

[PR]

2017年05月01日(Mon)07時37分、投稿。記事。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【競馬】第51回アメリカジョッキークラブカップを、考える。パート2

2010年01月21日(Thu)21時01分、投稿。【競馬】重賞考察記事。

「データで消すという事は、馬券になりにくい馬に本命を打たないため」という解釈です。
【競馬】第51回アメリカジョッキークラブカップを、考えるで、考えていますが、もう少し掘り下げたいと思います。
キャプテントゥーレ
デルフォイ
トウショウウェイヴ(回避しました)
トウショウシロッコ
ドットコム
ベルモントルパン
マイネルキッツ
以上の7頭を馬券圏内と考えている。という所が、前回までの考察でした。追い切りと血統を含めて考えていきたいと思います。トウショウウェイヴは、出馬表に乗っていないので回避という事で、6頭の中から本命を打ちたいと思います。

キャプテントゥーレ(父アグネスタキオン×母父トニービン)
54.2-38.9-24.8-12.2(栗東坂路馬なり単走)基本的に、同馬は調教は動く方だと思います。1週前には52.1秒-12.2秒という時計を出してますので。前半を抑えたということで、後半のラップは、あまり評価しすぎるのもよくないと思いますが、ここに望む臨戦過程として時計を出し続けて、調教しているみたいなので一応の評価はすべきと見ます。
前に行って真っ直ぐ追えれば(マイルCS時は酷かったので)終いの脚もあると思うので、印を回さないのは、冒険すぎる可能性があります。血統的にも、同舞台の不安はなさそうと見えます。58キロがどうでるかなぐらいでしょうか。

デルフォイ(父スペシャルウィーク×母父Danehill)
65.8-51.0-37.7-11.4(栗東DPG前追う1馬身先着)前走は、7カ月半ぶり。前回の金杯時にはデータ的に「12月に使っていた馬を上位に」というのがあり、それでもタイム差なしの4着は優秀に見えます。新馬戦時から馬体が増えてないので、成長があるのかと謎にも思いますが。
今回は56キロになりますが、3歳時の春にも背負って走っていますので、馬体が良化しているなら問題はなさそう。追いきりで追った距離が少し不安なので、調教量を加味して考えたい一頭という判断です。

トウショウシロッコ(父アドマイヤベガ×母父ニッポーテイオー)
80.8-65.2-51.2-37.5-12.6(美浦南W馬なり1馬身先着)言う必要のない、中山巧者と呼ばれる馬。22度目の重賞挑戦という事だそうで。調教の量としてはやる厩舎だと思うので、大丈夫だとは思います。スローペースになると弱いと騎手も言っているぐらいですので、勝ちきるほど脚があるとは思わないので、突っ込んできて何着かという所でしょうか。

ドットコム(父ブライアンズタイム×母父ヘクタープロテクター)
68.5-53.3-39.0-13.0(美浦南P馬なり併入)成績の比較から言うと、前走ベルモントルパンが一着で同馬が0.8秒差の6着。使われ続けているので上積みという点はないかと思います。調教の時計もあまり出ていないように感じます。高い評価はできません。

ベルモントルパン(父アジュディケーティング×母父アルカング)
64.6-50.0-37.1-12.8(美浦南P一杯単走)掛かり気味に走ったということだそうで。前走は、同舞台を勝利。道中、13.0~12.9~12.9という緩めることができた事により前走は勝てた思います。今回、逃げ馬が不在といわれればそうかもですが、先行したい馬は、かなり居るので、展開の鍵を握りそうです。スローに落とされるぐらいなら、他馬が逃げる可能性もあると考え、物凄い評価はできないかなと思っています。掛かり気味に走った追い切りという事も加味すれば、個人的には評価しにくいです。

マイネルキッツ(父チーフベアハート×母父サッカーボーイ)
計不-37.5-24.8-12.4(美浦坂路馬なり半馬身先着)調教師さんがいうように、59キロがどうかという事。馬格があるので、大丈夫だとは思いますが。美浦坂路の2本目で時計を出したようですので、調教の量としてはかなりやっている印象。前の方の位置をとって、競馬をしたい。内枠がいい。距離が足りないと、調教師さんが嘆いていますが、そういう競馬をしたいみたいなので、恐らく前目でコースロスなくという所でしょうか。

以上で考察を終えたいと思います。
キャプテントゥーレ
デルフォイ
マイネルキッツ
以上の三頭が本命にすべき馬ではないかなと、個人的な考察から結論にたどり着きました。相手に、トウショウシロッコ。そして、データ的に買えなさそうな馬で、調教の量や追い切り、血統的な背景を考え、もう一頭に印を打ちたいと、現時点では考えています。ありがとうございました。
PR

【競馬】第17回平安ステークスを、考える。パート2 HOME 【競馬】第17回平安ステークスを、考える
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:国産和牛
年齢:30
性別:男性
生息地:東京競馬場に近い東京都民
職業:馬券で生きているかも
趣味:馬を見てレースを見て楽しむ事
自己紹介:
誰かに拾われる(雇われるとか広い意味で)事を夢見てblogを始めました。半分冗談ですが(笑)競馬などの勉強のログです。
いきなり利益をうめる存在ではないので、給料無しで構いません。勉強もします。やる気だけは満々です。
TBしすぎて、ごめんなさい。TBして頂いた方は無条件でLinkに登録されます(笑)
何事にも全力で釣られながら牛として、生きています。
リンク
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索
カウンター
地道に頑張ります。
忍者ブログ [PR]