忍者ブログ

誰か僕を拾ってください

国産和牛が、競馬の予想と考察を書き続け勉強していくブログです。競馬が大好きです。重賞は、データと調教判断で予想しています。誰か僕を拾ってください。

競馬ブログ村 トラコミュ

当ブログの説明書

競馬を楽しむためのリンク

[PR]

2017年12月12日(Tue)15時29分、投稿。記事。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【競馬】第54回阪急杯を、考える。

2010年02月24日(Wed)09時59分、投稿。【競馬】重賞考察記事。

「データで消すという事は、馬券になりにくい馬に本命を打たないため」という解釈です。JRAより、データ的傾向から、本命にできなさそうな馬(馬券圏外と考える馬)を除外していきたいと思います。
にほんブログ村 トラコミュ 第54回 阪急杯(GIII)へ 第54回 阪急杯(GIII)
2010年度、第54回阪急杯(阪神芝1400m)を、考えていきたいと思います。特別登録馬は47頭。フルゲートは16頭。頭数が多いので、想定している上位の馬で考えたいと思います。
アンノルーチェ
アーバンストリート
エーシンフォワード
グッドキララ
サンカルロ
タマモナイスプレイ
トウショウカレッジ
トライアンフマーチ
ビービーガルダン
ファルカタリア
プレミアムボックス
ヘッドライナー
マイケルバローズ
マルタカエンペラー
ヤマニンエマイユ
ワンカラット
以上の16頭と回避が出た時の繰り上がり順番上位の回避しないと思われる馬2頭。
ラインブラッド
スピードタッチ
以上の18頭から考えていきたいと思います。
データ的、傾向。
JRAより、データ的傾向から、本命にできなさそうな馬(馬券圏外と考える馬)を除外していきたいと思います。とは言っても、JRAからデータでとれるものは、ほぼありません。ですので、馬券圏内に入りそうな馬の傾向を探りたいと思います。
注意点としては、「2006年から距離を1400mに延長して行われている」という点でしょうか。データが少ないという所です。JRAに乗っているデータから特に読み取れることはないかなと思います。外枠が不利というわりには、連対馬も出ていますし、ペース次第だと思います。
アーバンストリートグッドキララタマモナイスプレイファルカタリアヤマニンエマイユラインブラッドスピードタッチは、近走負けすぎている印象。個人的には、そういう馬は評価しない方向なので、馬券圏内から除外したいと思います。
マイケルバローズワンカラットは、相手に考えてもいいかもなのだが、個人的には三着までと見たい。
アンノルーチェ
エーシンフォワード
サンカルロ
トウショウカレッジ
トライアンフマーチ
ビービーガルダン
プレミアムボックス
ヘッドライナー
マルタカエンペラー
以上の9頭に注目しておきたい。次回は、調教や血統面から評価すべき馬を考えたいと思います。ありがとうございました。
にほんブログ村 トラコミュ 第54回 阪急杯(GIII)へ 第54回 阪急杯(GIII)
PR

【競馬】第19回アーリントンカップを、考える。パート2。 HOME 【競馬】第19回アーリントンカップを、考える。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
2/28(日)阪神11R阪急杯(G3) 展開からはフサイチギガダイヤ・ヘッドライナー・マルタカエンペラー辺りがレースを引っ張る!続くのはテイエムアクション・ビービーガルダン・エーシンフォワード・オースミダイドウ・トライアンフマーチ辺りが先行勢を形成してレースは進む・・...
今週のターゲット2010/02/24(Wed)12:10:08
プロフィール
HN:国産和牛
年齢:31
性別:男性
生息地:東京競馬場に近い東京都民
職業:馬券で生きているかも
趣味:馬を見てレースを見て楽しむ事
自己紹介:
誰かに拾われる(雇われるとか広い意味で)事を夢見てblogを始めました。半分冗談ですが(笑)競馬などの勉強のログです。
いきなり利益をうめる存在ではないので、給料無しで構いません。勉強もします。やる気だけは満々です。
TBしすぎて、ごめんなさい。TBして頂いた方は無条件でLinkに登録されます(笑)
何事にも全力で釣られながら牛として、生きています。
リンク
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
ブログ内検索
カウンター
地道に頑張ります。
忍者ブログ [PR]